fbpx もしものために……. | 掛川市の新築・ 注文住宅なら鈴木建設|耐震にこだわる工務店

BLOG ブログ

2018/10/29 月

もしものために…….

お祭りの時期で騒がしかった10月もあと3日で終わり、食欲の秋、スポーツな秋、紅葉の秋など色々と楽しみが控えている時期になりましたね☆さて、昨日の10/28日(日)では消防団による救命講習があり、私は講師として参加してきました。主に今年消防団に入団した新入団員達に胸骨圧迫(心臓マッサージ)とAEDの使い方を実戦形式で教えてきました。いかに相手に分かりやすく教える・伝える事の難しさを改めて感じさせられた講習になりましたが、新入団員の子達はそれでも真面目に聞いてくれたので助かりました。一部始終ですがその時の講習風景を載せますね!

こちらは胸骨圧迫です。60秒間に100~120の早さで胸が5cm程度沈むように両手で押します。大事なのは『強く、早く、絶え間なく』です!

こちらはAEDとその使用状況です。AEDは駅や学校などの公共施設やビル、コンビニや杏林堂やパチンコ店などの商業施設など、色々な施設に設置されています。形状や色などは多種多様ですが、分からなくてもとりあえず空けて電源を入れてください!後はAEDが音声で案内してくれます!当然ですが、このような事態では冷静さが欠けやすくなっているので誰でも使えるように簡単な操作方法になっているので安心してください。

そしてこちらが『回復体位』と呼ばれる姿勢です。その名の通り体が最も回復しやすい体位なので、意識がない人が意識を取り戻したり、ぐったりしている方がいたらこの姿勢をとらしてください!(モデルに照れがありすみません(笑))

他には止血法や喉に詰まったものを取り出す方法などがありましたが、ここでは長くなり過ぎるのでひとまずこの辺で……..。

あえて言いますが今回のこの『救命講習』はとても大事な講習です!!もしも、目の前に人が怪我などで倒れて心臓が止まってしまった場合、それが自分の奥さんやお子さん、恋人に置き換えたらどうでしょうか?脅すわけではないですが、それがもしかしたら今起きるかもしれないし、数時間後に起きるかもしれません。そう考えればこの講習がどれだけ大切なのかが嫌でも分かると思います。実際にこの講習を受けて救命方法を知っていたために助かった命の実例はあります。『もしものため…..』何かをすることは悪いことではないので、このような講習を学べる機会があれば是非参加してみてください。

(C)2017: Suzuki Kensetsu Co.,Ltd. All rights reserved