fbpx ベタ基礎工法(ベースコンクリート打設状況より) | 掛川市の新築・ 注文住宅なら鈴木建設|耐震にこだわる工務店

BLOG ブログ

2018/9/6 木

ベタ基礎工法(ベースコンクリート打設状況より)

先日の台風21号が過ぎたと思ったら、直後に北海道では震度7の地震が発生しました。どちらも被害は大きくとても悲惨なものです。ここ静岡でも東海大地震が心配されています。規模の大きさや被害は予想でしか言えませんが、もしものために避難経路や防災グッズの確認などを行う必要はあるのではないかと思います。
話しは変わりますが、掛川市青葉台T様邸の住宅新築工事における基礎工事において、ベースのコンクリート打設を行いましたのでその時の状況を載せたいと思います。
まずは現場前はこんな感じで忙しくなります(ご近所の方々にはあらかじめ声を掛けさせていただきました)。↓現場は加圧ポンプ車利用し流し込みます。バイブレーションという振動機を使用し流れ込むコンクリート内に入り込んでしまった空気を外に出したり、打継面を一体にさせたりとても重要な役割を果たしています↓ある程度進んだら今度は設計高さになるように高さ調整します。↓最後に土間面を専用の道具(コテやタンパー等)を使い仕上げていきます。
ところで、現場の方や学校で勉強なされた方は分かると思いますが、コンクリートは何で固まるのか分かりますか?(笑)ヒントは、夏になるとよく不足するものです。コンクリートもこれが不足すると強度が全く上がらなく大変困ったことになります。

(C)2017: Suzuki Kensetsu Co.,Ltd. All rights reserved