WORKS 施工事例

設計:SN Design Architects 『高岡の家』藤枝市

『高岡の家』 藤枝市

建物を構成する『屋根』と『壁』は南から北(外部-内部-外部)へ連続する構成とし、方向性を創っています。シンプルな切妻の大屋根とそれを支える4枚の壁により、視線や動線(生活)、採光や通風(環境)などあらゆるものを1つの軸に沿わせる事で、共有の庭へより自然で強い繋がりを持つことが出来ると考えました。
北側に建つ母家との間を最大限に確保し、そこへ親世帯と子世帯が日常的に交流できる共有の庭を設けたいと考えました。子世帯の住居は南側に向くのではなく、この北側の共有の庭へ向く事を目指した建築です。

SPEC | スペック

(C)2017: Suzuki Kensetsu Co.,Ltd. All rights reserved