fbpx 寒くないお風呂に入りたいから、浴室リフォームをしました | 掛川市の新築・ 注文住宅なら鈴木建設|耐震にこだわる工務店

WORKS 施工事例

寒くないお風呂に入りたいから、浴室リフォームをしました

SPEC | スペック

寒かったタイル貼りの浴室をシステムバスへリフォームしました。
介護も兼ねた浴室の為、またぎの低い浴槽、連続した手すり、滑りにくい床材のシステムバスをご提案しました。
そして一番の悩みは「寒さ」。1.25坪の広い浴室は、天井以外全面タイル貼り。間口いっぱいの大きな窓。この窓から逃げてしまう「温かさ」を何とか防ぐ為に、これまでの大き過ぎた窓を「カバー工法」により1/3まで縮小。断熱材の入りの天井、壁、床、浴槽を使用したシステムバスのおかげで、寒さを感じにくい保温性の高い浴室に生まれ変わりました。

【施工前】
綺麗な浴室でしたが、やはり寒さには、かないませんでした。

中から見た工事前の窓サッシです。間口いっぱいの窓サッシ、タイル貼りの浴室にはよくある造りですね。

外から見た工事前の窓サッシです。大きくて明り取りには良いのですが、中の温かさがこの窓から逃げてしまいます。

【完成!】
システムバスに入れ替えて保温性は格段にアップ!手すりなどの介護の為の機能性も良くなりました♪

中から見た工事後の窓サッシです。以前の大きな窓の面影は内部からは全くわかりません。

外から見た工事後の窓サッシです。窓全部を撤去して取り替えとなると外壁の工事が発生したり、と何かと費用がかさみます。既存窓サッシの枠を利用しその内側に新しい窓を設置するこのカバー工法でしたら余分な工事費もかからず、とってもお得。既存の格子も活かしながら設置をすることができました。これで中の温かさの逃げる面積は格段と小さくなりました。

もちろん浴室入口の段差も無くしバリアフリー化に成功!

お施主様より「お風呂に入るのが、とっても楽しみになったわ♪」とおっしゃっていただけた事が何よりの喜びでした。

浴室は一日の疲れを癒す場所。不快ではなく快適な空間であること。
お客様の笑顔が続く浴室(バスルーム)を、これからもご提案していきたいと思います♪

≪仕様≫
クリナップ アクリアバス 1621型 

(C)2017: Suzuki Kensetsu Co.,Ltd. All rights reserved