fbpx 屋根谷部の板金(銅板)調査をしてきました | 掛川市の新築・ 注文住宅なら鈴木建設|耐震にこだわる工務店

BLOG ブログ

2019/5/11 土

屋根谷部の板金(銅板)調査をしてきました

先日、袋井市中新田にあるOBのM様から屋根谷部の板金に穴が空いているので、修理依頼の連絡をいただきました。

早速M様のお宅に伺い調査を行いました。

谷部に使用されていた板金は昔よく使われていた銅板でした。

銅板は錆びがなく加工性が高い高級な材料ですが、近年世界的に危惧されている酸性雨によって、この銅板が化学反応を起こして穴が空いていしまう事例が多くなっています。

今回穴が空いていた箇所はこちらになります↓

そして穴そのものは下の写真になりますが、M様が既にコーキングで応急処置をされていました↓

見て分かるでしょうか?

穴以外にもにも銅板自体が変色して浸食が進んでいます。

このままではいずれ穴が空いてしまう危険な状態です。

この箇所以外にでも穴は空いていませんが危険な箇所がありました↓

変色し浸食が進んでいます。

ここまでご覧になって心当たりがある方は、目が届く範囲で確認してみてはいかがでしょうか?

屋根を歩くのは大変危険な行為です。

近くで確認したい・気になるという事でしたらいつでも伺いますので当社にご連絡ください。

 

 

(C)2017: Suzuki Kensetsu Co.,Ltd. All rights reserved